Member

メンバー紹介

教授

中村 智樹 Tomoki Nakamura 教授

研究テーマ
太陽系始原物質の解析に基づく初期太陽系進化の解明

はやぶさのカプセルを開けて最初に中を見た

助教

中嶋 大輔 Daisuke Nakashima 講師

研究テーマ
Isotope Cosmochemistry

自慢できるような事が見つかったら、更新します。

鹿山 雅裕 Masahiro Kayama 助教 (学際科学フロンティア研究所)

研究テーマ


学生(博士)

松岡 萌 Moe Matsuoka 博士3年

研究テーマ
C型小惑星と炭素質コンドライトの反射スペクトル

研究業績
(1) 国際会議における発表
【口頭発表】
  1. M. Matsuoka, T. Nakamura, Y. Kimura, T. Hiroi, T. Misu, R. Nakamura, S. Okumura, S. Sasaki, "Pulse-laser irradiation experiments of Murchison CM2 chondrite for reproduction of space weathering of C-type asteroids.", The 4th Symposium on Polar Science, Tokyo, Japan, November 12th-15th, 2013
           
(2) 国内会議における発表
【口頭発表】
  1. M. Matsuoka, T. Nakamura, Y. Kimura, T. Misu, R. Nakamura, T. Hiroi, S. Sasaki, "Experimental reproduction of space weathering of C-type asteroids by laser heating of Murchison CM2 chondrite", Japan Geoscience Union Meeting, PPS25-06, Chiba, Japan, May 19th -24th, 2013
           
【ポスター発表】
  1. 松岡萌, 中村智樹, 木村勇気, 三須貴瑛, 中村良介, 廣井孝弘, 佐々木晶「マーチソン隕石を用いたC型小惑星における宇宙風化作用の再現実験」日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ国際会議場
アイスは主食

山野辺 正邦 Masakuni Yamanobe 博士3年

研究テーマ
Be-Bシステムを用いた太陽系始原物質の形成年代推定

研究業績
                
(1) 国内会議における発表
【口頭発表】
  1. 山野辺正邦, 中村智樹, 嘉数勇基, 石田初美, 「Be-Bシステムを用いた太陽系始原物質の形成年代推定」,日本惑星科学連合2013年大会P-PS24, 千葉, 2013年5月
  2.             
  3. 山野辺正邦, 中村智樹, 嘉数勇基, 石田初美, 「CM 隕石中の高い10Be/9Be 初生比を示すmelilite に富むCAI」,日本地球化学学会第60回年会, 1A05, 茨城, 2013年9月
焦らない心

榎戸 祐馬 Yuma Enokido 博士1年

研究テーマ


小長谷 智哉 Tomoya Obase 博士1年

研究テーマ

東京まで歩いた

学生(修士)

大池 里奈 Rina Oike 修士2年

研究テーマ


何 宝希 Houki Ka 修士2年

研究テーマ


菊池 知紀 Kazuki Kikuchi 修士2年

研究テーマ


簑輪 諒吾 Ryogo Minowa 修士2年

研究テーマ


茂木 郁 Kaoru Mogi 修士2年

研究テーマ


            

吉崎 昂 Takashi Yoshizaki 修士2年

研究テーマ
太陽系形成進化過程における難揮発性元素の挙動

研究業績
(1) 査読有論文
  1. Ma C., Yoshizaki T., Nakamura T. and Muto J. (2017) Rubinite, IMA 2016- 110. CNMNC Newsletter No. 36, April 2017, 408; Mineralogical Magazine 81, 403-409.
           
(2) 国際会議における発表
【口頭発表】
  1. Yoshizaki T., Nakashima D., Nakamura T., Park C., Sakamoto N., Ishida H. and Lee J. I. (2017) Oxygen isotopic heterogeneity in an ultrarefractory phase bearing CAI from a reduced type CV3 chondrite RBT04143. The 48th Lunar and Planetary Science Conference, abstract #1378, March 20-24, The Woodlands, Texas, USA.
           
【ポスター発表】
  1. Yoshizaki T., Nakashima D., Nakamura T., Ishida H. and Sakamoto N. (2017) Origin of spinel framboids in calcium-aluminum-rich inclusions. The Meteoritical Society 80th Annual Meeting, abstract #6020, July 23-28, Santa Fe, New Mexico, USA. (Accepted)
  2. Ma C., Yoshizaki T., Krot A. N., Beckett J. R., Nakamura T., Nagashima K., Muto J. and Ivanova M. A. (2017) Discovery of rubinite, Ca3Ti3+2Si3O12, a new garnet mineral in refractory inclusions from carbonaceous chondrites. 80th Annual Meeting of the Meteoritical Society, abstract #6023, July 23-28, Santa Fe, New Mexico, USA. (Accepted)
  3. Yoshizaki T., Ma C., Krot A. N., Nakamura T. and Muto J. (2017) New minerals in the oldest solar system solids from primitive meteorites: Implications for the early solar system. Earth, Sea and Sky II: International Joint Graduate Program Workshop in Earth and Environmental Sciences co-hosted by the Tohoku University GP-EES and JSPS-DFG Japanese-German Graduate Externship, May 29-30, Sendai, Japan.
  4. Yoshizaki T., Nakamura T., Nakashima D. and Ishida H. (2016) V-Rich davisite in a compact type A CAI from a CV carbonaceous chondrite. The 26th Goldschmidt Conference, abstract #3620, June 26-July 1, Yokohama, Japan.
(3) 受賞等
  1. Travel Grant, 80th Annual Meeting of the Meteoritical Society, Santa Fe, New Mexico, USA. (2017)
  2. Travel Grant, The International Joint Graduate Program in Earth and Environmental Sciences (GP-EES), Tohoku University. (2017)
  3. 平成26年度 青葉理学振興会奨励賞受賞(2015.3.13)
  4.            
  5. 東北大学グローバルリーダー育成プログラム グローバルリーダー認定(2014.7.2)
(4)メディア掲載
  1. Academist Journal (2017)
  2. 東北大学新聞 (2017)
  3. Hanako (2017)
  4. 東北大学プレスリリース (2017) 【日本語】 【English】
見知らぬおばさんによく話しかけられる

五十嵐 彰 Akira Igarashi 修士1年

研究テーマ


佐藤 亜州花 Asuka Sato 修士1年

研究テーマ
オリビン水質変質初期過程の解明

やぎ座なのでヤギのモノマネができる

佐藤 雄也 Yuya Sato 修士1年

研究テーマ
含水炭素質コンドライトの衝撃変成

ときたまに武将になる

高橋 実樹 Miki Takahashi 修士1年

研究テーマ
小惑星に飛来した他天体の微小物質の研究


山田 千夏 Chinatsu Yamada 修士1年

研究テーマ
棒状オリビンコンドリュールの生成条件の推定

ハーフマラソンを完走した

百合本 はる妃 Haruhi Yurimoto 修士1年

研究テーマ
鉄質宇宙塵の地球大気突入時における酸化プロセスの解明

研究業績
            
(1) 国内会議における発表
【ポスター発表】
  1. H. Yurimoto, D. Nakashima, T. Onoue, R. Minowa, M. Yamanobe, T. Nakamura, "Oxidation processes of I-type spherules during atmospheric entry", JpGU-AGU Joint Meeting 2017, Chiba, Japan, May 20th-25th, 2017
  2.             

学生(学部)

天野 香菜 Amano Kana 学部4年

研究テーマ


清水 翔太 Shota Shimizu 学部4年

研究テーマ

同姓同名が多い

三田 光 Hikari Mita 学部4年

研究テーマ


弓濱 まどか Madoka Yumihama 学部4年

研究テーマ



東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 初期太陽系進化学研究分野(中村智樹研究室)

〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3


TOP